やっぱり食事って大事

私は誰がどう見ても太ってる!というほど太っていた訳ではありませんが、細くて華奢な誰もが女の子扱いをしたくなるほどスタイルが良かった訳でもありませんでした。オブラートに包んで言えばいわゆる「ぽっちゃり系」不満はありませんでしたが、いいこともありません。キュリーナの口コミ

細くて綺麗なモデルさんが着た服をネットで買ってもいざ自分が着てみれば思ってたのと違う。自分に自信がなくて気になる男性にアタックできない。いい加減そんなことにも飽き飽きしてダイエットを決意しました!

まず私が始めたのはわかりやすく食事制限。濃い味つけ大好き 甘い物大好きな自分は太っている原因が食生活にあるのは明白でした。朝、時間が無いからと食べない、、訳ではなくコンビニで買った甘い菓子パン。これをいっそ食べずに我慢する!という思い切った選択!そんなんじゃ昼は爆食してしまうんじゃ、、その通り。

でもどれだけお腹が空いても胃袋の大きさと昼休みの時間は変わりません。満腹まで食べます。これは以前と変わりません。ただ気をつけたのは肉より魚。野菜中心の白ご飯抜き。キャベツの千切りばかり食べていました。夜は、豆腐、納豆、サラダ。そんなの続く訳ない、いや続くんです。

割と昼にがっつり食べたからお腹空いてるけど、食べなくても大丈夫、な感じの胃の状態です。ここが大事。別に食べなくてもいいけどなんかお腹空いてるから食べよ。これ。これがやばかった。この「なんかお腹空いてるから食べよ」の時間に冷蔵庫に豆腐納豆サラダ。

これしかなければこれしか食べない。帰り道にスーパーに寄りたがる足を食い止めれば勝ちです。食材の買い出しは食後が絶対おすすめ。お腹空いてないからいらないものは買わない。財布にも体重にも優しい。ちょっと食生活を意識するだけで私は半年でマイナス5キロ。やっぱり食事って大事、、すごい、、