人生のパートナーと思える人を恋人に

「この人と一生一緒にいたい。」そう思えるようなパートナーに出会ったとき、それはいつかは終わる一時期だけの恋人との関係では得られなかった、自分自身の大きな成長を経験することができます。

未来の結婚を意識しないようなその場限りの恋愛は、恋人がいるという満足感や日常への刺激は得られるかもしれませんし、そこで得られる学びもあるとは思いますが、結局は自分にとって心の傷になることが多いです。シングルマザーの婚活ナビ

恋人を人生のパートナーとして見るときには、これから先の二人の関係についても自分の生活についても、前向きで建設的に考えていくことができ、それを妨げる自分自身の問題を発見したり、それを改善しようと努力することができます。

しかし恋愛感情だけで結びついた二人の場合は、焦点が当たるのは自分の気持ちだけになりがちです。そういったた恋愛を繰り返していても、心の充足感は得られないでしょう。

「今は結婚するつもりはないけれど、とりあえず恋人は欲しい。」という気持ちは現代では普通のことのように思われていますが、その人との結婚が無理だと思うような相手はパスした方が賢明です。すぐに結婚するつもりはないとしても、自分との関係において将来性のある相手が見つかるまで待つ方が、自分自身を傷つけません。そういう相手となら、恋愛関係になってから例え別れてしまったとしても自分の中には何かしらの成長があるはずです。