学校の規則を守った結果。。。

髪の悩みについてお話ししたいと思います。

現在30代前半女性です。MEDULLA(メデュラ)シャンプー

元々小さい時から髪の毛は多くて太い毛質でした。

髪が多くて広がる癖があるのでそれがとてもコンプレックスで、中学生時代は学校の規則でストレートパーマは違反だったのでとても辛かったのを覚えています。そこで私が考えたのは寝る際にいつもニット帽をかぶって寝る事でした。それが髪にとっていいか悪いかはわかりませんが、効果はありました。中学2年生から初めて、毎日毎日少しタイト目のニット帽をかぶる事によって寝癖はつきにくくなり、髪の広がりも気にならなくなりました。

高校生に進学する頃にはストレートとまでは言えませんが、コンプレックスであった髪の毛の広がりは気にならない程度に抑えられている状態に。高校生にあがったら絶対ストレートパーマあてるぞ!と決意を決めていた私ですが、その必要はなくなりました。そして結局部活動のルールで髪の毛を短くする事に。

おしゃれしたい年代でしたが全然おしゃれなど無縁の髪型。もはや黒歴史と言えるでしょう。そんな高校生活を3年間送り専門学生になった時には今までできなかった髪型にしようと思って、アシンメトリーに挑戦しました。これは今まで私の髪型人生最初の冒険でした。

その後は髪の毛を明るくしてみたり、パーマをかけてみたりエクステを付けてみたり。できる事はほとんど挑戦した気がします。就職活動開始前に、私はしばらく髪を明るくする事はできないと予測していたので思い切って最初で最後であろう金髪にしてみました。実際はこんなに明るくするつもりではなかったのですが、思ったより髪に色が入って金髪に。

これも思い出と今では言えます。話はもどりますが、中学生の時にかけたくてしかたなかったストレートパーマはまだ未体験、未知の世界です。髪の毛人生、何があるかわかりませんね。

「ねこ毛」で「くせ毛」

私の髪は、いわゆる「くせ毛」で、「ねこ毛」です。とにかく細い髪と、不思議な方向にうねり、はねる髪…。最近、巷ではくせ毛風パーマが流行ったらしいのですが、「くせ毛風」と「くせ毛」には大きな違いがあります。

悪評ばっかり?MEDULLA(メデュラ)シャンプーの悪い口コミや効果を購入して検証!

まず、よほど運がよくなければいい感じにカールしてくれることはありません。カール未満の、うねりもあるので、とにかく格好が悪いです。そして、くせ毛には湿気が大敵です。どんなにアイロンで伸ばした髪も、夏は数時間と持ちません。

そこで、「整髪料で固めれば良いのでは?」と考えた私は、スプレーでカチカチに固めてみました。結果は、カチカチの毛束のままうねりました。「もうどうしようもないな!」と笑ってしまいました。縮毛矯正をするのが一番かとは思いますが、それなりの出費を定期的にしなければなりません。次に「細い髪」についてです。とにかくボリュームがない。髪がうねり、膨らむため、襟足にはボリュームがあるのですが、頭頂部が寂しいのです。

中学生の頃に友人から、「ハゲてね?」と言われたことが忘れられません。子供にとっては育毛剤は高額なので、どうしようもなかったです。今では笑い話ですが、人に頭を見られるのがとても嫌いでした。このような感じで、細くうねった髪なので、ツヤも出ないことが悲しいです。試してきた数々の整髪料たちが思い浮かびます。くせ毛の方ならば、共感してくれる人が多くいるのではないでしょうか。

シャララーン金髪になりたい

2020年、今年に入って思い切って髪の毛をブリーチしてみた。

合計3回くらい。MEDULLA(メデュラ)シャンプーの口コミ&効果を暴露!市販の実店舗で購入できる?

どうしても、しゃららーんと効果音がなり出しそうな金髪にしたく踏み切ったものの、

もう髪がパッサパッサのウネウネで切れるは抜けるはの大惨事。

ただし、色に関してはそれなりに満足。

3ヶ月ほど経って金髪も板についてきた気がする。

紫トリートメントやらなんやらしてみたものの、

髪の傷み具合に改善の余地なく自粛で自宅にいることも多く、

2年ほど伸ばしていた髪の毛を10センチほど切ってしまった。

昨年、赤髪にしていたためブリーチをしてもどうしても赤い色素が残っていたのですが、

その色素沈着部分すべて切ってやった。

頭が軽い!髪がない!スッキリ!

勢い余り、若干の後悔も残しつつですが髪の毛を洗うのが楽だし、切れ毛も少なくなったし

まあ気持ちとしてはさっぱりと新たな気分。

色に関しては、理想の金髪にはまだ1歩遠いのでまたブリーチをしようとしている。

また髪がパッサパサになるなあと思いつつもやはり、しゃららーんを目指さずにはいられない。またブリーチをすると髪の毛が痛むなあと思いつつ。

そんなことも超越するほど私は綺麗な金髪にしたい。

取り急ぎ、この痛みを補正することに時間をかけてまたブリーチしてみよう。